目に障害がある

目の障害は犬君猫ちゃんともに共通しています。

障害の例として『結膜障害』『ぶどう膜障害』『水晶体障害』『視力障害』等ありますが、

障害に対しての判断、対応、処置は獣医師に任せましょう。

こちらでは、観察のポイント、ケアのポイントを紹介します。

 

1.観察のポイント

目に異常を起こす原因は様々です。目にどのような症状が出ているか確認してみましょう。

①目やにの性状や量

目やにがさらさらしているのか、ドロドロしているかの確認が

獣医師による早期診断に役立つことがあります。

結膜炎や、角膜炎、乾性角膜炎等の炎症性の病気では目やにが見られることがよくあります。

 

②目にかゆみ、痛みがないか

猫ちゃん自身が目に違和感を感じる場合、患部を擦る行為や

前足で引掻くしぐさを見かける様子が多く見られるようになります。

目を何度も瞬きしたり見られるしぐさがあれば、そちらも確認しましょう。

 

③目の状態がおかしい

目の色や同行の大きさを見ます。

赤くなっていないか、または白く濁っていないか。

瞳孔は暗い場所では大きくなり、明るい場所では小さくなります。

この動向は左右対称なので、非対称であればすぐに病院へ行きましょう。

 

④視力の低下

目の病気によって視力に影響を与えることがあります。

猫ちゃんがしっかり見えているかどうか確認しましょう。

住み慣れた場所でよく壁にぶつかる等の症状が見られれば

視力が低下している可能性があります。

 

⑤目の動き方がおかしい

目が上下左右、また回転している等、規則的に動きが確認できる場合は

脳や前庭に異常がある可能性があります。

 

⑤その他

他の病気が目の症状に出ている可能性も考えられます。

目の他に異変がないか観察しましょう。

 

2.ケアのポイント

目の病気は長引くと視力に直接的に影響を及ぼします。

出来る限りはやく病院へ行きましょう。

目の病気のほとんどが目薬治療を必要とします。

目薬できない状態であれば、改善が非常に困難になってきます。

 

 

 

2018年04月14日