乳房が腫れている、しこりがある

※注意※猫ちゃんの場合悪性である危険性が高いため、早期治療が必要です。

といっても、妊娠している時、出産後なら腫れてきても正常です。

 

1.観察のポイント

①しこりの数をまずは確認しましょう。

一か所ではなく、他にもできている場合があります。

②しこりに変化がないかも確認します。

③出血や熱感、痛みがないかの有無をみましょう。

④後ろ足に異常かないかもみます。

⑤ほかに、呼吸状態が悪くなっている場合があります。

その場合肺に転移していると思われるので大変危険です。

 

2.ケアのポイント

普段から猫ちゃんと触れ合っていると、しこりはとても見つけやすい症状です。

日々の触れ合いのなかでしこりを発見した場合は、病院へ行きましょう。

 

 

 

2018年04月14日