熱がある

猫ちゃんの平熱は人よりも高く38~9℃台です。

ですので猫の体温が40℃を超す場合は高い熱あがると言っていいでしょう。

猫ちゃんの体温は、肛門に体温計を挿入することで測定します。

人が使用する体温計を、猫ちゃんようとして使用しても問題ありません。

発熱の原因は様々です。クーリングによって一時的に熱が下がったとしても、根本的な病気の治療をしなければなりません。

熱があった場合の対応、その時の観察やケアのポイントを紹介します。

 

1.様子観察でよい場合。

①運動中であり、一時的に熱が出たと考えられる場合はクーリングを行って様子観察でよいでしょう。

②猫ちゃんが興奮している場合も、まずは落ち着くことを優先し、上記と同様に観察しましょう。

2.病院へ行ったほうが良い

微熱がある、また、嘔吐や下痢などの消化器症状がある場合。

3.至急病院へ!!

①高熱がある(41℃以上)

②尿、便失禁が見られる。

③呼吸が普段と違って見える。

④ぐったりと寝込んでしまっている

⑤痙攣を起こしている。

 

4.観察のポイント

①いつ何をしていた時から熱が出始めたか、分かる範囲でも記録しておく。

②急に熱が出た、徐々に熱が高くなってきたのか、病気の原因の早期発見にも繋がります。

③熱が出たと感じた時から、日内変動による体温の記録をとるようにする。

④熱の他にどういった症状が見られるのか。例を挙げると、食欲不振、活気がない、呼吸が早い、尿の色や臭いが違う、歩行状態等、気づいた点を些細なことでもよいので記録する。

⑤生活環境に変化があった場合、他の動物との接触の有無や、アレルギーがないか。

 

5.ケアのポイント

①とにかく安静にする。

気温が低く、日陰で風通しの良い場所を作ります。猫ちゃんは体温が高いと『パンティング』といって、熱を放出する呼吸法を行います。

人で言うあえぎ呼吸というもので、死戦期呼吸とも言います。

衣類を着ていれば脱がせ、首輪、胴輪をはずすことで、呼吸を楽にさせてあげましょう。

 

②体を冷やす。

高熱が出ている場合は水風呂、水シャワー等で、とにかく早く体温を下げる必要があります。

冷却枕や、冷たいタオルで身体をくるんであげたり、氷水等を飲ませることが出来ればしてあげましょう。

 

③水分の補給

水分は猫ちゃん自身が飲める場合はいいのですが、熱を放散させようとするため、上手く動けないこともあります。

その場合、スポイト等で、口の中の粘膜や歯茎を湿らすだけでもしてあげましょう。

無理に飲ませようとすると誤飲することがあります。

何気ない行動の変化で早期の発見ができやすいものですので、日ごろからの大事な猫ちゃんの様子観察をしてあげてくださいね♪

 

 

 

2018年04月14日