便秘になる

便秘の原因は異物の摂取や環境の変化、水分不足、

病的なものでいえば台帳の閉塞や神経障害等が考えられます。

 

1.観察のポイント

①便秘がどれくらい続くのかを観察しましょう。

一時的なものであれば問題ありませんが

継続的な場合は病的なものと考え病院へ連れていきましょう。

②便の回数

便の回数は、一日に一回から散会であれば正常です。

しかし、猫ちゃんによって個体差があります。

普段の排便回数も把握しておきましょう。

③便の硬さと他の症状

便の硬さの確認と共に、排便姿勢をとっても排便がない場合や、

食欲や嘔吐などの症状がないか確認しましょう。

 

2.ケアのポイント

①ガスの排除を獣医師に行ってもらう。

②食事内容を変更してみる。

③水分の補給ができる環境づくりをする。

④2日排便がない場合は病院へ行く。

のようなことがあげられます。

 

2018年04月14日