痙攣

猫の痙攣の原因は様々です。

てんかん、心臓病、脳腫瘍ほか様々な原因が考えられます。

適切な治療を行うことで痙攣自体は防ぐことが出来ますが、実際、原因を突き止めることは難しいとされています。

痙攣の前兆として多いのは、落ち着きがない、よく鳴く、よだれを垂らす、震えるといった症状が見られます。

 

・痙攣が起こったら?

まずは猫が落ち着くのを待ちましょう。

痙攣が治まっていても失神していることもありますので、その場合は、心臓が動いているか確認しましょう。

動いていなければすぐに病院に連れていきます。

特に異常が見られない場合は、しばらく安静にし、観察しましょう。

2018年04月15日